• HOME
  • my genome
  • 個人向け遺伝子解析サービス「ジーンクエスト」レビュー(2)唾液サンプル採取

個人向け遺伝子解析サービス「ジーンクエスト」レビュー(2)唾液サンプル採取

my genome

個人向け遺伝子解析サービス「Genequest(ジーンクエスト)」のサンプル採取キットが到着しました。ここでは、サンプル採取の注意点や、実際の流れについて紹介します。

キットが到着したのは2月6日(実際には2月5日に配達されたけど僕が留守だった)。申し込んだのは1月29日なので、ちょうど申し込んでから1週間後です。ただ、ぴったり1週間後に発送するのか、数日分をまとめて発送するのかは不明です。

サンプル採取前に注意すること

まずはキットの使用期限について。Webページの注意事項によると「使用期限は商品発送後2ヶ月以内」とあります。しかし送られたキットに同封してあった説明書には「発送後6か月」とありました。どちらが正しいのでしょうか。まあ届いてから2ヶ月以上放置する人もあまりいないと思いますが。

次に、唾液サンプルを採取するときについて。食べ物などの余分な成分がなるべく入らないように、サンプル採取30分前は、食事(ガムなども含める)・飲食・歯磨きしないようにします。僕は昼食後、歯磨きしてから1時間半後にサンプルを採取しました。あ、お昼に納豆食べたけど大丈夫かなぁ。

最後に、発送について。唾液サンプルを採取してから3日以内に発送します(発送まで冷蔵保管する必要はありません)。なるべくなら採取当日か、次の日くらいに発送するのがいいと思います。僕は採取した日の夕方に発送しました。

サンプル採取してみた

では、実際の唾液サンプル採取の流れです。キットが届いたところからスタート。

今回はゆうパックで届きました。箱は26cm×21cm×12cmと、意外にも大きめ。

かと思ったけど、中身の半分以上は緩衝用のエアーでした。

中にはキット、お礼の文書、納品書が入っています。キットの中身。ガイド兼同意書、解析ID記載用紙、説明書も入っています。サンプルの採取方法はガイド兼同意書に書いてあります。

これが実際に自分の唾液を入れる容器。カナダの企業DNA GenotekのOragene DNA (OG-500)のようです。容器にはバーコードが貼られていて、解析ID記載用紙のIDと同じ番号でした。長さは12cmくらいで、この中に唾液を2ml入れます。地味に疲れます。

唾液を入れ終わったら、くっついているフタを押し込みます。フタの中には液体が入っており、フタを押し込むと中の液体が唾液と混ざるギミックになっています。説明書には「安定液」とあったけど、何だろうなぁ。リン酸バッファとかかな? どこかで嗅いだことあるような匂いでした。

安定液が入ったら大きいフタは外して、小さいフタで閉めます。唾液と安定液を混ぜるために5秒間振って、終わりです。

ここからは返送作業です。同意書に必要事項を記入します。なぜかメールアドレスの欄に「〒」がありました(メールアドレスと住所が逆?)。また、未成年者向けのところでは「遺伝子解析申込者が満20歳の場合」とありますが、おそらく「満20歳未満」の誤植でしょう(前回の記事でも書きましたが、本サービスは18歳未満は利用できません)。

キットが入っていた箱が返送パッケージそのものになっているので、住所と名前を書きます。ここにも解析IDが記載されています。採取した唾液入り容器と同意書を入れて、両面テープの片面を剥がしてペタッと封をします。

そのままお近くのポストへ。大型郵便のほうに入れるのをお忘れなく。

WebページでIDを登録する

同時に、ID登録をします。説明書の手順ではサンプル採取の前になっていますが、ポスト投函の日までにやっておけばいいと思います。なお、IDを登録前に紛失すると、再発行料として3000円がかかるようです。

ジーンクエストのWebページの右上にある[ログイン]をクリックします。アカウント作成の画面になるので、まずはメールアドレスでアカウントを作ります。僕は事前に作ってあったので、ここでは省略します。

作成したアカウントでログインすると、解析IDを入力する欄があります。ここに同封されていた解析IDを入力します。

これでおしまい。サンプル発送から解析結果が出るまで4週間程度かかるようです。

唾液サンプル採取を終えて

キットの使用期限についてWebページと付属説明書に違いがある、同意書に誤植があるなど、致命的ではないものの「大丈夫かな?」と思わせる部分が一部に見られました。ビジネスとして継続するなら、このあたりのミスは今後なくなっていくでしょうし、現時点で申し込んでいる人たちはあまり気にしないでしょう。

なお、唾液採取はちょっと大変ですが、5分もあればできます。ただ、普段やるようなことではないので、特別感があるのは確かです(そういうプレイが好きな人は除く)。

解析結果が出るまで4週間。次回は結果について書きます。

遺伝子解析サービスに関することはmy genomeタグにまとめてあります。ぜひご覧ください。

 

  • この記事についてもっと知るためのおすすめ図書