• HOME
  • my genome
  • 【速報】DeNAが遺伝子解析サービス「MYCODE(マイコード)」を7月下旬から提供することを発表

【速報】DeNAが遺伝子解析サービス「MYCODE(マイコード)」を7月下旬から提供することを発表

my genome

信頼できる情報筋から噂は聞いていたのですが、本日正式発表されました。ソーシャルゲームを得意とするDeNAは東京大学医科学研究所と共同で記者会見を開き、DeNAがヘルスケア事業へ参入すること、7月下旬に遺伝子解析サービス「MYCODE(マイコード)」を提供することを発表しました。記者会見に出席することができたので、そのときのようすなどをご紹介します。

産学官の連携が作るMYCODE(マイコード)

東京大学医科学研究所とDeNAは1年ほどかけて議論してきたようで、課題などを洗い出したうえでの今回の発表です。ヘルスケア事業参入に合わせて、今年の4月に新会社「DeNAライフサイエンス」を設立していたことも明らかになりました。

まずは医科学研究所からの発表でした。基礎研究を健康長寿社会への実現に活用するためには、スピード感を持って研究成果を還元しなければいけないこと、それにはITを活用すると相性がいいということを説明していました。またELSI(倫理的・法的・社会的課題)と科学的根拠に基づいた、業界でも規範となるような情報提供モデルを構築したいということでした。また研究機関にとっては、一般消費者からフィードバックを得られる数少ない機会であるとも言えます。

そしてDeNAからは南場取締役が登壇。インターネットとリアル巨大産業とを組み合わせることで、新たな巨大産業を作りたいと考えていたこと、そのひとつがヘルスケア事業への参入ということでした。これまでは医師による一方的な診断だったのを、自分で情報を集め、医師からの診断も含めて自分で判断する「セルフメディケーション」の時代になると主張。DeNAが得意とするSNSやコミュニティ、ゲーミフィケーションを使って、楽しく健康管理できるようなサービスを提供したいとして、その第一弾が個人向け遺伝子検査サービス「MYCODE(マイコード)」であることを発表しました。

ただし、現時点では詳細は明らかになっていません。具体的な解析項目や調べるスニップ数はどうなのか、僕が質疑応答で聞いたのですが、後日お知らせするということでした。ただ、先行するジーンクエストやジーンライフのように、ネットから申し込んでWebで結果を確認する方式となること、また乳がんと強い関わりのあるBRCA遺伝子のような、疾患と直結するようなものは医療行為となるため扱わないこと、あくまで予防に活用できるレベルのものを調べると明言していました。

また大学と企業の共同研究を社会実装していくということで、単にサービスを提供するのではなく、各地で講演会などを開くことで市民への教育にも力を入れていくとしていました。

これらの共同研究、研究開発は、文部科学省と独立行政法人科学技術振興機構が推進する「革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)」における「ヘルスビッグデータを用いた健康長寿イノベーション」として「COI-T(トライアル)サテライト拠点」に選ばれたことも明らかになりました。産学官の連携ということです。

既存の遺伝子解析サービスとの違いは?

僕が気になったのは、先行する遺伝子解析サービスとの違い、DeNAならではのメリットは何か、というところです。質問したところ南場取締役から「科学的根拠とELSIに配慮しているところ、さらに伝え方にも工夫をするなどして、質の高さを特徴としたい」と回答をいただきました。ただ、科学的根拠というところでは他のサービスも日本人データを使った論文を根拠にしているわけで、どう差別化するのかはよくわかりませんでした。原著論文を全て精査しているとも言っていたので、実際の解析結果で比べる必要がありそうです。

また大学との共同研究ということで、大学に支払われている研究費(基本的には税金)の扱いにも質問が及びました。事業で使う費用や解析作業は全てDeNA(または新会社のDeNAライフサイエンス?)が負担するとのことでしたが、回答でしどろもどろになるときもありました。このあたりについてはサービス開始時にでもいいので、改めて丁寧に説明してもらいたいという印象でした。

日本でいよいよ本格化する遺伝子解析サービス

2014年に入ってからだけでも、1月に大規模遺伝子解析サービス「ジーンクエスト」、4月に(まだブログでは取り上げていませんが)がん遺伝子解析サービス「ディアジーン」が 始まっています。今回の「マイコード」が7月下旬に提供開始するということで、いよいよゲノム解析サービスが日本でも本格化するのかもしれません。ただ黎明期だからこそ、ユーザーに親切な、かつ科学的根拠に基づいた丁寧なクオリティが求められることは間違いありません。

現時点でマイコードの具体的な情報がほとんどないため、どの程度のクオリティなのかは判断できませんが、東京大学医科学研究所が連携するのであれば最低限のレベルには達していると思われます。また、産学官の連携は他のサービスにはない特徴なので、どのように展開していくのかは気になるところです。あとは、DeNAならではのエンターテインメント性がどこまで含まれるのかも注目です。

遺伝子解析サービスに関することはmy genomeタグにまとめてあります。ぜひご覧ください。

 

  • この記事についてもっと知るためのおすすめ図書