• HOME
  • my genome
  • 個人向け腸内細菌叢解析サービス「マイキンソー」がクラウドファンディングで先行販売スタート

個人向け腸内細菌叢解析サービス「マイキンソー」がクラウドファンディングで先行販売スタート

my genome

私たちの体には、実に多くの細菌が住み着いています。代表的なのは、腸内にいる腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)です。今回、理化学研究所認定ベンチャーの「株式会社サイキンソー」が、個人の腸内細菌叢を調べるサービス「Mykinso(マイキンソー)」の開始に先駆けて、クラウドファンディングを兼ねた先行販売を始めました。

サイキンソーのウェブサイトより。

ヒトの全細胞数よりも30倍多い腸内細菌叢

腸内細菌叢とは、腸内細菌の集団のことです。ヒトの腸内細菌は約1000種類、約1000兆個にも上ると言われています。ヒトの全細胞数は約37兆個なので、自分の細胞よりも30倍近い個数の腸内細菌がいることになります。

腸内細菌の活動によって、体調や体質、さらには精神も影響を受けていることが最近わかりつつあります。腸内細菌のなかには、ヒトが分解できない物質を分解できる細菌もいるため、「もうひとつの臓器」と見なす研究者もいるほどです。

興味深いのは、ヒトによって腸内細菌叢が異なっていること、食事やストレスなどによって腸内細菌叢が変わるということです。つまり、今の腸内細菌叢を知ることで、今の生活スタイルは健康的なものなのかを測ることができるのではないか、と考えられるのです。

腸内細菌叢のゲノムを丸ごと調べる

少し前までは、腸内細菌叢、つまり約1000種類もいる腸内細菌を丸ごと調べるのは困難でした。細菌ごとにベストな培養条件が異なるため、なかなか菌種の特定が難しかったのです。

しかし、2006年ごろから普及し始めた「次世代シーケンサー」という、DNAの塩基配列を高速で読み取る機械により、腸内細菌叢のDNAを丸ごと調べる方法が安価でできるようになりました。いろいろな種類がごちゃ混ぜになっている生物のDNA(より正確には、全遺伝情報となるゲノム)を丸ごと調べて、生物の種類を特定する方法を「メタゲノム解析」と呼びます。

腸内細菌叢のメタゲノム解析では、通常、便を採取して調べます。便の約10%は、腸内細菌の死骸もしくは生きたまま排出されたものだからです。

クラウドファンディング「Makuake」より

クラウドファンディングを兼ねた先販売

サイキンソーが提供する腸内細菌叢解析サービス「Mykinso(マイキンソー)」は、個人向けの腸内細菌叢メタゲノム解析サービスです。一般販売はまだですが、クラウドファンディングを兼ねた先行販売を、クラウドファンディングサイト「Makuake」で開始しました。

自宅でできる!次世代型腸内細菌叢(腸内フローラ)検査の先行発売 | クラウドファンディング - Makuake(マクアケ)

ちなみに、クラウドファンディングとは、インターネットを通じて個人から資金調達する方法です。支援するとオリジナルグッズなどがもらえます。マイキンソーの場合、オリジナルTシャツや、割安価格の検査キットをもらえます。

目標金額は100万円ですが、開始数時間で早くも30万円以上が集まっています。期限は9月26日まで。目標金額に到達しないとグッズなどはもらえません。また、目標金額を超えた後でも支援はできますが、数量限定のグッズがあります。

正式価格の2万円より少し安く買える

正式なサービスは近いうちに始まると思いますが、割引率から考えると正式価格は約2万円。今回の先行販売では13%から44%引きとなっているので、興味のある方はお試しで買ってみてはいかがでしょうか。僕は、これからポチってきます。

(後日、目標金額に達成したため、他のサイトでも販売されています)

遺伝子解析サービスに関することはmy genomeタグにまとめてあります。ぜひご覧ください。

 

  • この記事についてもっと知るためのおすすめ図書