work

これまでのお仕事の一覧です。詳細はお問い合わせください。

書籍

ユニークな名称を持つ遺伝子を紹介する一般向け書籍です。読者が選ぶオーム社の100冊に選出されました。特設サイトはこちら

遺伝子についての話題50を、1項目あたり約2ページで紹介する電子書籍です。特設サイトはこちら

池上彰さんが東工大の岩崎先生と田口先生、そして2016年ノーベル生理学・医学賞を受賞した大隅先生との対談本で編集協力をしました。

遺伝子解析サービスの「ジーンクエスト」の設立者である高橋祥子さんの著書の編集協力をしました。

雑誌・新聞

Newton(ニュートンプレス)

最新の研究成果を紹介するFOCUSなどを担当しています。月刊誌での記事一覧はこちらです。以下は別冊です。

「2015年ノーベル生理学・医学賞 数億の人々を救った薬とは?」 を担当しました。

「細胞内で長さをはかる極小の”ものさし”」を担当しました。

「冷凍食品 冷凍してもおいしさを保つ秘けつとは?」を担当しました。

「ビタミンとミネラル」「胃の内視鏡と病気」「iPS細胞からインスリン分泌細胞ができた」「腸の内視鏡と病気」「ノンカロリーの人工甘味料が血糖値を上げる?」を担当しました。

澤芳樹博士インタビュー「臓器を丸ごとつくりことは可能?再生医学を支える『組織工学』とは?」、中内啓光博士インタビュー「ブタの体内でヒトの臓器や血液をつくり患者に届けたい」を担当しました。

坊農真弓博士インタビュー「ロボットは井戸端会議に入れるか 会話にあるルールを解き明かしたい」を担当しました。

サーモフィッシャーサイエンティフィック情報誌『NEXT』

ライフサイエンスの最新情報満載 情報誌NEXT
2018年よりUser’s Voiceを担当しています

実験医学2018年2月号(羊土社)

クラウドファンディングで集まる研究費は?
学術系クラウドファンディングの記事を書きました。羊土社のウェブサイトで無料の会員登録をすれば閲覧できます。

AERA2016年12月19日号(朝日新聞出版)

がんなどの遺伝性疾患が不安なあなたが受けるべき「診療」

プレジデント2014年8月15日号(プレジデント)

DeNAも参入!遺伝子ビジネスで狙う38兆円市場【1】
DeNAも参入!遺伝子ビジネスで狙う38兆円市場【2】
遺伝子解析サービス。今回はまだ「入り口」にすぎません -南場智子 DeNA取締役 ファウンダー

月刊リベラルタイム(リベラルタイム)

・2014年12月号「『心臓疾患』は細胞シート、『肝硬変』は骨髄細胞で回復」
・2015年7月号「疾病リスクを知る『遺伝子解析サービス』が隆盛」

毎日新聞(2014年9月23日付朝刊)

「遺伝子解析ビジネス:究極のプライバシー 商業化が拡大」でコメントを寄せました。

SAPIO2015年10月号(小学館)

中国研究者がヒト受精卵にゲノム編集を行ったことについてコメントを寄せました。

ウェブ

Mykinsoラボ(マイキンソーラボ) 専門家がつくる腸内フローラの情報サイト

2017年1月より編集長。
編集長からのごあいさつ——腸内細菌叢に心地よく住んでいただくために
【腸内細菌叢】2017年に発信した注目記事のご紹介

Lab-On 研究の未来をデザインするメディア

ゲノム編集を大量破壊兵器にしないために科学者がすべきこと『CRISPR(クリスパー)究極の遺伝子編集技術の発見』書評

JBpress(日本ビジネスプレス)

A・ジョリーで注目、病院を飛び出す「遺伝子検査」 科学的根拠を欠くサービスに警鐘、10月から認定制度導入へ
収まりきらないご当地グルメ、チーズを宇宙に大遠投 ご当地宇宙食「スペースチーズ」を作ってしまった北海道大樹町
天文学は新時代へ、なぜ次はKAGRAの出番なのか 知られざる重力波観測の舞台裏
4カ所目だから意義がある重力波観測装置KAGRA  2ndステージに突入、最大の課題は「ノイズ」と「人手不足」?
宇宙に最も近づきたいなら「素粒子」を見よ! 日本に誕生するか、新型の素粒子研究装置「ILC」(前編)
宇宙の謎を解明する基地、造るなら日本だ 日本に誕生するか、新型の素粒子研究装置「ILC」(後編)

早稲田大学のゼミをのぞいてみよう

早稲田大学の研究室を高校生向けに紹介する記事です。
酸素を上手く使って病気を防ごう!! 低酸素環境と病気の繋がりを研究する合田研
化学反応を原子レベルで見つめて、プロセスを探索する石原研究室
数式を使って利益をデザイン! 事業や医療現場を数学的にとらえる大野研究室
製品ライフサイクルの設計と管理を通じた環境負荷低減手法を提案する髙田研究室
鏡に映る分子は別物? 分子がもつ左右の謎に挑む朝日研(生物物性科学研究室)
数学を使って経済の変化や社会制度が生まれる理由を紐解く佐々木ゼミ

エディテージ・インサイト

研究者向けに研究費に関する記事を書いています。
研究資金として寄付金を使うメリット、集める方法を再考する
日本の論文は科研費頼みの傾向へ、それでも世界に存在感を示せていない
国立大学の研究と社会への提供の理想形とは 文科省の通知から紐解く
科研費に頼らない研究費獲得ルートを把握する

All About

Twitter、FacebookなどのWebサービスの使い方を紹介しています。これまでの記事一覧はこちらです。

その他のお仕事

私の日本語辞典(NHKラジオ第2)
2014年4月放送。「遺伝子の名前はどうきまる」をテーマに、遺伝子の機能やユニークな名称を紹介しました。

■葛飾区医師会附属看護専門学校「食生活と栄養」科目の特別講師
遺伝に関する授業を行いました(2015年、2016年、2017年)。

■聖セシリア女子中学・高等学校「科学講座講座」
・「伝える」をテーマに、プレゼンにおける資料作成のワークショップを行いました。
・遺伝子解析サービスと出生前診断についてのワークショップを行いました。

■医療機器メーカー、試薬メーカーのパンフレット制作など

■翻訳(英→日)